« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月14日 (日)

NGC4449もやり直してみた

スターバースト銀河なのにその活発な星形成が表現できて無い色彩だったためやり直してみました。Ngc4449前回より良くなっていると思うのですが。

追記:再々処理

kさんとやりとりしていてもっと丁寧に処理しなければと思い処理しなおしました。私の今の技量の限界です。Ngc4449a_2回りの星は少しはましになりました。銀河を美しく表現するのは難しいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

M99の再処理

色彩が気になっていたM99をもう一度最初から処理してみました。前は色彩に目り張りが無く青に偏っていました。中央等倍画像。M99a_2自分的には納得できる色ですが。活発な星生成している銀河らしい感じにはなったと思います。

再々処理:M99_aaaaいじればいじる程どつぼにはまる感じです。いったん休憩です。休憩と言いながら更新してます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年2月13日 (土)

先週の南伊勢遠征のオリオン

冬の対象をじっくり狙ってみました。

バーナードループ、M78、燃える木、馬頭、ランニングマン、オリオン大星雲と欲張っています。10秒、20秒、40秒、80秒、160秒、320秒と多段階露光しています。おかげで相当な強画像処理しても耐えられる画像ができたのですが、これだけの対象をすべて満足する画像処理が私には難しすぎます。この辺り分子雲で一杯ですが抑えないとM42が簡単に飛んでしまいます。処理が難しくしばらく撮影を敬遠してたのです。でも今回は透明度良くオリオンが手招きしてたものですから撮影してしまいました。Orion割合おとなし目の処理です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月12日 (金)

日曜の夜に撮影した銀河

りょうけん座の不規則銀河NGC4449を狙いました。前半にもっと淡い銀河を狙ったのですが処理しましたがあまり良くないのでぼつにしました。Ngc4449まだまだ色合いとか高精細感が足らない感じです。5分露光23枚のL画像でも足らないかな。前のM99は32枚のL画像でした。ただ撮影枚数を多くしようとすると鏡筒を反転しなければならないので面倒です。でも枚数を重ねる程いい画像になることは確かです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

昨晩はこんなのを撮ってました

晴れていたので強い風にもかかわらず長い焦点距離で撮影しました。自己基準では風速3メートル以下で無いと鏡筒が揺れるため撮影しないのですがutoさんに刺激されて星が楕円になるかも知れませんが努力しないと良い銀河が撮れないと思い出かけました。せっかくの春銀河の季節ですから。とりあえずL画像を暫定処理してみました。5分露光32枚。M99lM101の小型版みたいなM99(NGC4254)かみのけ座です。土曜200ミリで撮影した、かみのけ座銀河団の仲間です。少し経度方向に明るい星がずれているようです。風の影響でしょうか。

追記:カラー化してみました。M99なんか違う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年2月 9日 (火)

土曜の遠征成果②

日曜の朝方にはもうさそり座の頭部が上がってきますので定番領域のアンタレス辺りを撮影いたしました。氷点下の中の夏の対象です。5分露光19枚。5分露光10枚(低空分はあきらめました)。Photo_3中央辺りのトリミングPhoto_4低空のためフラットがうまく決まりませんでした。ヒストグラムを見ると対象の高度で大きく変化していました。まだ早すぎで来月の新月がいいかも。とりあえず高度が増してからの5分露光10枚で処理しました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年2月 8日 (月)

スカイフラット兼務のおとめ座銀河団

スカイフラット取得のため撮影したおとめ座銀河団です。フラット画像を別に撮影するのではなく銀河団星野を使用してフラット画像としました。200ミリですと春銀河は苦しいですがボーグの55FL+0.8XDGQ55+D810Aで撮影しました。全体Jpgマルカリアンチェーン部の等倍。Photo_5無数の銀河が見られます。この望遠鏡と言うかカメラレンズと言うか、なかなか優秀です。ここを利用したフラットで順次処理予定です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

連夜の遠征

2日連続して天候に恵まれ撮影三昧でした。1日目は短いので南天ねらい2日目は長いので銀河ねらいでした。まだ手付かずですが1日目土曜から日曜の夜空です。Photo南中する冬のダイア(シリウス、リゲル、アルデバラン、カペラ、ボルックス、プロキオン)です。多少雲は流れるのと南方の雷光がありました。

明け方にはサソリ座も姿を現しました。薄明中の天の川とさそり座です。Photo_2霜が降りるくらい寒いですがもうすぐ夏です。天の川が呼んでますよ。

帰り間際に月と金星が昇って来ました。Photo_3月齢28の細い月です。凛として気持ちのいい朝でした。若干同行した方が不調だったのが残念でした。また誘ってください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年2月 5日 (金)

一昨日に撮った物

トラブルに合い銀河を撮影するには時間が少なくなり悩んだすえutoさんのM97を思いだし、ではIDAS TYPE4フィルターではどんな色になるのか試したくなり撮影してみました。C14/2000mmでは丁度良い大きさの惑星状星雲です。M97色はTYPE2とは違う発色でした。

宇宙の中にこんなのがボワっと浮いているのも不思議ですね。

赤いのが回りに有るということは水素ガスを一番最初に放出したということでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 4日 (木)

昨日は久ぶりに長焦点日和になったのででかけました。

月がでるまでC14で撮影しようとでかけたのですが、久ぶりに冷却CCDを使用したらトラブルにみまわれました。うまくフイルターホイルが回ってくれません。分解しても原因が判らず時間だけが過ぎてしまいました。最終的には基板の位置を僅かに移動させたら正常に戻りました。原因は判りませんが、USB給電の電圧不足(古いポータブルバッテリーから供給)又は寒さによる給電電圧不足で位置センサーがうまくフィルター位置を認識できない等ではと思います。久ぶりですとこんなものですね。結局、最初の銀河は諦めて次の対象にしました。ロス時間3時間あまり痛かった。

まだ未処理です。撮れていればいいのですが。

画像の無いのも寂しいので昨年年末に撮影したヒアデス星団を載せます。A真ん中の明るい星がアルデバランです。

ボーグ55ミリ+0.8DGQ55 D810A ISO1600 5分露光6枚を2面モザイク

この辺りもおうし座分子雲の一部なんでしょうけど広い範囲まで広がってます。

いままでヒアデス星団は写欲が湧く対象ではなかったのですが分子雲と一緒なら有りかな。

追記:微光星が五月蝿かったので抑えるのと合わせて星雲も主張しすぎのため修正しました。それと下側に塵の影らしき物が左右画像の同一位置に有りましたのでカットしました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »