« 金曜夜のメイン予定対象 | トップページ | ゴールデンウイークのチャンスを逃す »

2016年4月23日 (土)

遠征用ノートPCの整備をしました

数年前の古いノートです。遠征に持ち出すには十分だとは思っていたのですが立ち上がりが遅いしVISTA(32bit)だし、ということで少し前にはSSDに変えメモリーも4GBにしたのですが(後、バッテリーが寿命を迎えたので交換)もう少し早くしたいとCPU換装とWIN10(62bit)をこの天候が悪いタイミングで実施しました。CPUは値段で妥協してCORE2DUO T7100からT7500へです(1.8GHZ→2.2GHZ)。

一番の問題はVISTAからWIN10はクリーンインストルしか無いことです。遠征用ですから撮影用のMAXIMDLとかPHD2とか自動導入の星座ソフト等を再インストールして動作を確認する必要があります。なれない英語の各社ホームページに行き最新ドライバーを探し回りました。ASCOMを落とすだけでもC++のランタイムがいるとか敷居が高い高い。やっと先程一応のめどが付いた所です。試しに413MBの11枚FTSデータをステライメージで位置あわせとコンポジットしてみました。位置合わせ25分、合成20分といった感じでした。まあ以前の動いているかハングしているか判らない状態よりは改善しました。

ついでにD810Aのデータも見えるようにしましたしカメラコントロールも動作するようにしました。まだこれから使いこんで行かないとWIN10の安定性は判らないですね、でも再起動が早くなったから良しとしましょう。遠征用ですからこんな使い方はしませんが当分この古いPCで行けます。遠征にしか使用しないので劣化が遅いので新しいPCにするのが勿体無いと言うのもあります。

|

« 金曜夜のメイン予定対象 | トップページ | ゴールデンウイークのチャンスを逃す »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/286946/65127810

この記事へのトラックバック一覧です: 遠征用ノートPCの整備をしました:

« 金曜夜のメイン予定対象 | トップページ | ゴールデンウイークのチャンスを逃す »