« M8/M20辺り | トップページ | お遊び »

2016年6月 4日 (土)

残念なM16

面の木に到着して最初に撮影を始めたのがM16/M17辺りです。最初はM-GENでディザガイドの予定でしたがSE2赤道義とは初組み合わせで上手くいきませんでした。成功しているのも少ないけど有りますしPHDガイドでは上手くいくので強風の時の修正がオーバーシュートになっていると考えられ設定の追い込みが必要なようです。
当夜は平日と言うことも有り車が良く出入りしてカブリボツ画像も多かったです。少ない枚数を拾い出して処理してみましたが風による影響か星が肥大してFSQの実力を発揮できていません、前に撮影したボーグの55FLにも負けています。日付が変わる頃には多少収まりました。M16b
臨機応変で当日は200ミリの軽量で風の影響を受けにくい鏡筒にした方が良かった。次回から道具箱に忍ばせておこうと思います。
追記:このバンビの目をFL55(200ミリ)と比較してみました。
Photo
FSQは強い風に煽られた事も有り全く実力を発揮できていません。撮影時の環境で切り替える柔軟さが必要ですね。下はM-GENディザガイドです、ディザガイドは微光星の抽出やノイズ防止には凄く有望だと感じています。ですから今回SE2とFSQの組み合わせでM-GENガイドを目論んだのですが失敗しました。梅雨の合間に設定を見直しておきたいと思います。

|

« M8/M20辺り | トップページ | お遊び »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

面の木、平日だったのに結構な車の出入りでしたよね。皆さん新月期になると決まって条件の良い日が少なくなってしまうので晴れた日はどうしても集中してしまうのは止むを得ないですね。

自分もM16、17を撮ったのですがベテランの方の作品を見てしまうと仕上げるのがいやになっちゃいます。

投稿: G | 2016年6月 4日 (土) 19時46分

Gさん、こんばんは。
22時すぎれば撮影時間が限られるので諦めると思ったのですが皆さん遅くなっても来られますね。
ポイントを押さえた画像処理で手抜きすればいいと思います。変にいじらなくてもD810Aは良い写真になります。
ダークは引かず、フラットは現地で3分X4枚、色個別でトーンカーブはいじらず、コンポジットは自動、後は見栄えの良いよう彩度を増やす、と簡単処理です。私もまだまだテクニックを駆使するのはできません。でも趣味だからそれで良いかと言う感じです。

投稿: エムティ | 2016年6月 4日 (土) 21時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/286946/65836689

この記事へのトラックバック一覧です: 残念なM16:

« M8/M20辺り | トップページ | お遊び »