« なやんでいたカシオペア辺り | トップページ | 8/8日の遠征にて、その1 »

2016年7月19日 (火)

宿題をかたずける

BackyardNIKONとPHD2を使用したDitherガイドの検証を行いました。月もありますが梅雨も明け晴れているのになにもしないのは勿体ないのでベランダで検証しました。月があるので明るい対象しかだめと思いM8にしようとしたが月が明るすぎて断念、結局直接影響の無いM2にしました。Photo
ISO800/40S/2枚ごとにディザして16枚撮影。右は位置合わせコンポジット、左は比較明で位置合わせ無しでコンポジットを等倍切り出し。
BackyardNIKONとPHD2を使用したDitherガイドはうまく行くようです。
明らかにノイズの違いが判ると思います。固定ノイズだけならノイズ減算で消えるとは思いますがランダムノイズと素子の不均一に対してはディザしか無いように思います。
後は移動量とかの設定のしかたを調べる必要があります、今回はデフォルトで枚数の所だけ2枚と入力。
このディザの状態は良く判りません。適当な極軸の為でしょうか。
前回、北海道でJPEG記録しかできなかった件はBackyardNIKONでフォーカスモード状態で終わらせたためでした。撮影前にチェックしなければいけませんね。
追記;ディザリングの量をセットする所はどこか探したら、PHD2のセッティングの中にDither Scaleの項目が有りました。最初BackyardNIKON内にあるのかと探しましたが移動後の落ち着くまでの時間設定くらいしか見当たりませんでした、しかしBackyardNIKON側で安定するまでの調整をするようです。
今回の場合800㎜を150㎜+DSI-PRO2をガイドします。
PHD2のDither Scaleは1.0でした。これはガイドカメラの1素子分をずらす意味でしょうか。
BackyardNIKON側のSETTINGS値は
  Dither
    Provider PHD
    Dither aggressiveness  2
    Settle dither at  0.25
    Calm dawnperiod  10
    Dither every Ximages  2
でした。

|

« なやんでいたカシオペア辺り | トップページ | 8/8日の遠征にて、その1 »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/286946/66577618

この記事へのトラックバック一覧です: 宿題をかたずける:

« なやんでいたカシオペア辺り | トップページ | 8/8日の遠征にて、その1 »