« 7/6_7/7北海道 | トップページ | SIGMA 50㎜ F1.4 DGの星耐性とポータブル赤道義について »

2016年7月 9日 (土)

7/6夜の北海道

ようやく星に出会えました。でも寒い12度で強い風が有り体感温度が低いです(セータを持って行った事を忘れてました、車の中のスーツケースに入っていたのに)。
14mm
14㎜です右の下の光源は女満別空港でその後ろの山影は藻琴山です。左の光源は小清水町で後ろの山影は斜里岳です。24mm
24㎜です。下の畑を照らしているのは街灯です。昼間は気づかなかった。北海道の特徴である広い畑ですからこのままでも良いかとそのままとしました。50mm
50㎜です。北海道ですから随分サソリが下の方ですね。こして見ると空港の南で撮影場所を見つけた方が良かったですね。地図で見ると南には適地がなさそうなんです。やはり藻琴山の中腹のハイランド小清水まで行った方が良かったかな。
Photo_16
50㎜のいて座辺りです。下側がもやの影響が有るようです。Photo_17
その上のたて座。この辺りの暗黒帯は面白いですね。Photo_18
その上のわしからはくちょう座です。この暗黒帯なんとも言えません。エッジオン銀河を真近で見ている感じです。Photo_19
はくちょう座からケフェウスにかけての辺りです。この暗黒帯の変化が面白いです。中央下側に淡い赤い領域が広がっているように見えます。Photo_20
カシオペア座とM31。この辺りから下方向はカブリが存在して処理をやめました。強い風のため長い焦点距離とガイド撮影はできませんでした。
SIGMA 50㎜ F1.4 DG ARTは今回が初めての撮影ですがF3,2くらいに絞れば周辺減光も気になりません。上の画像すべてフラット補正等の周辺減光処理をしておりません。まあ低光害だからかもしれませんが。
色調がちょっと違いすぎましたね。
色調を合わせてごにょごにょすると正にエッジオン銀河。Photo_5相当無理して繋げてます。14㎜でじっくりも撮影しておけばよかった。
 

|

« 7/6_7/7北海道 | トップページ | SIGMA 50㎜ F1.4 DGの星耐性とポータブル赤道義について »

コメント

どの写真も、素晴らしいです。北海道の空はやはり別格ですね(もちろん腕前も)。今度、生プリント見せてください。

投稿: ひろG | 2016年7月11日 (月) 09時01分

ひろGさん、やっと北海道に来て良かったという星空がおがめました。腕はたいしたことはありませんが光害が少ないということは素晴らしいことです。1時間程かけて山に行く根性が無くて近場の丘(15分程)で撮影してもこんな感じですので北海道は良いですよ。

投稿: エムティ | 2016年7月11日 (月) 14時01分

北海道ですか。羨ましいです。実は自分も今年こそはフェリーを使って行こうと計画していたのですが(友人が阿寒湖の近くでホテルをやっているので)なかなか思うようにいきません。

やっぱり北の空はいいですね。アップされた写真はどれも流石です。ああ行きたいなあ。
来年こそはと思っている今日この頃です。
この新月期も遠征できす消沈気味ですよ。

投稿: G | 2016年7月11日 (月) 20時22分

Gさん、こんばんは。
阿寒湖の近くとはいいですね。そこなら1時間以内で各湖の展望台に行けますから新月時に1週間泊り込めればチャンスがありますよ。フェリーは時間が勿体ないので飛行機+レンタカーがお勧めです(北海道は広いので苫小牧からの移動も大変です)。ぜひ計画してみてください。愛知県はだめでしたか。まあそれを見越して梅雨の無い北海道にしたのですが。冬は無理でも秋の紅葉時期行きたいですね。冬は南かな?

投稿: エムティ | 2016年7月11日 (月) 21時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/286946/66429168

この記事へのトラックバック一覧です: 7/6夜の北海道:

« 7/6_7/7北海道 | トップページ | SIGMA 50㎜ F1.4 DGの星耐性とポータブル赤道義について »