« M-GENのD600系シャッターコントロールの作成 | トップページ | デジカメと冷却CCDの比較 »

2016年9月18日 (日)

ブログに上げるべきか迷った画像

9/9の遠征時下の写真の部分をポータブル赤道義で流していたのですが、不思議な画像になってしまいました。レンズはSIGMA 50mmF1.4DG Artです。Photoすごく不思議です。周辺減光で暗くなるなら判りますが逆です。このレンズは北海道で使用した時周辺減光は皆無でした。原因はなんでしょう。

一応考察したのが光害の有る無しです。Photo_2撮像素子に届く赤い方向の光はいいのですがそれ以外の前玉レンズまで届く光害による環境光の緑方向の光が悪さしている可能性が高い気がします。ですから短焦点を使用して長時間露光を掛ける時は光害が少なくて透明度の高い夜にしか使え無いと結論しました。当夜は湿度が高く光を散乱する状態だったのではないでしょうか。もし違っているようならご意見ください。

リベンジ候補です。

|

« M-GENのD600系シャッターコントロールの作成 | トップページ | デジカメと冷却CCDの比較 »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/286946/67557224

この記事へのトラックバック一覧です: ブログに上げるべきか迷った画像:

« M-GENのD600系シャッターコントロールの作成 | トップページ | デジカメと冷却CCDの比較 »