« デジカメのノイズについて考えてみた | トップページ | 雲間からのオリオン大星雲 »

2016年10月 8日 (土)

10月6日の遠征にて

今日こそと満を持して遠征しました。GPV的には怪しかったですがこの機会を逃すとダメでしょうと言う気持ちでした。到着時はなかなか行けそうに思い月が沈むまで2式設置を急ぎます。まずはFSQ106ED+0.6+D600新改造でM52辺りを撮影しました。

家を出る時はここはD810Aを使用するつもりでしたがD810AのUSBケーブルを忘れたのでBYNから制御できないのでSE2赤道義側D600、ポータブル赤道後側D810Aとなりました。忘れ物に気づいたのがもう稲武町を過ぎてた(NIKONさん特殊な形状のUSBケーブルを使わないでね)、思わず焦りました。M52ちょっと処理をミスしています星の回りが落ち込んでおかしいです。次の晴れが期待できないので後でゆっくり再処理しようと思います。バブル星雲の感じを残しながら淡い部分を持ち上げるのはなかなか難しいですね。

ISO1600/3分露光/30枚  21時13分12秒から23時1分56秒まで

PHD2/BYNIKONでディザガイド

フラットのみでノイズ処理はしていません。北は左側

M52(NGC7654)/バブル星雲(NGC7635、SH2-169)/クワガタ星雲(SH2-157)等色々あります。上にあるのは洞窟星雲ですがもう少し画角を上にすれば良かった。

残念なことに撮影終了辺りで雲がはりでしてきました、と言うか霧の中。湿度が異常に高く気温も生暖かい状態でした。回復を待ったのですが一向に回復しませんでした。朝方雲間から見えたM42を記念品的に撮影して終了。22時時点では朝まで行けると踏んだのですが、今年は本当に異常気象が酷いですね。

|

« デジカメのノイズについて考えてみた | トップページ | 雲間からのオリオン大星雲 »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/286946/67852298

この記事へのトラックバック一覧です: 10月6日の遠征にて:

« デジカメのノイズについて考えてみた | トップページ | 雲間からのオリオン大星雲 »