« 昨年末遠征⑤ | トップページ | 1月6日の2対象目M101 »

2017年1月 7日 (土)

今年初のミニ遠征に昨晩出かけました

遠くに出かけたわけでは無く。元の家の望遠鏡物置に行きC14で撮影をしました。計画では月の有る間光軸調整とリハビリ撮影で多少マイナー対象を狙おうかと。
そうは問屋が卸しませんでした。まずは光軸調整はシュミカセの温度順応が進まずグニャグニャの焦点内外像で最後は適当になってしまいました。次のリハビリ撮影は前回電動フィルターホイルが破損したため交換して臨んだのですがオフアキまで調整しなければならないので寒い中を汗をかきながらの格闘でした。鏡筒を銀河面まで移動して星が沢山写るようにして合わせるのですがフォーカスの微調が無いのでネジを緩めては締めてを変な体勢で疲れはてました。結局マイナー対象はやめてテスト撮影していたNGC2903を継続して撮影しました。1月6日23:24:42~7日2:22:13
C14+ジャイアントイージーガイダー+IDAS-RS2フィルター+SXVR‐H694冷却CCD
L:5分露光21枚
RGB:2X2ビニング5分露光各4枚
JP赤道儀AGS-10駆動Ngc2903_2
この銀河は明るくて撮りやすいので毎回撮影している気がします。このフィルターでは初かな。
寒いんで部屋から撮影できるようリモートにしたい所です。
追記:NikのDfineを使用してみた。Ngc2903_a魔法のように思える。

|

« 昨年末遠征⑤ | トップページ | 1月6日の2対象目M101 »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

ありゃーC14ってセレストロンですよね。流石に4000mm近くの鏡筒って使いこなしが大変と思いますがこれからの季節に活躍してくれそうですね。
センサーの小さいCMOSカメラを買えば系外銀河もよさそうなのでちょっと迷っています。

投稿: G | 2017年1月 8日 (日) 10時57分

Gさん、ご訪問ありがとうございます。
C14にレデューサ込のジャイアントイージーガイダーを入れて約2000mmとオフアキシスガイドにしています。主鏡が動きますのでオフアキは必須です。春と秋の銀河シーズンには活躍します。でも尾張地方ですから晴れる日が少ないのがネックです(持ち出して遠征には重すぎて)。
CMOSカメラは試してみようとしてますがなかなか難しいです(感度は高いのですがカメラの癖が掴みきれません)。まあだめでもガイドカメラや極軸出しには使えますので無駄にはなりません。

投稿: エムティ | 2017年1月 8日 (日) 13時21分

素晴らしいですね!最近はDSLRを使われる方が本当に多いので、このような強拡大の迫力ある画像を拝見すると本当に嬉しいです。私のシステムではDeconvolutionしても、この解像に及びません。白旗ですcoldsweats02

投稿: k | 2017年1月 9日 (月) 22時54分

kさん、今晩は。これはDSLRでは難しいでしょうね今の所冷却CCDの独断上ですね。解像に関しては口径に比例しますからしょうがないです。しかしKさんのように美しい銀河になかなかできないのがもどかしいです。モノクロ世代ですからカラーに対するセンスが足らないようです。アップした画像もなぜか迫力不足です、多少アメリカンにしたい気もします。

投稿: エムティ | 2017年1月10日 (火) 00時04分

素晴らしいですね!
解像感があり、大迫力です。
淡い部分が少し惜しいかな・・Dfineでもう少しだけ均したい気もしますが、でも、プリントなら、これくらいの方がいいかしら・・。
これ、気が向かれたら、コンテストに出してみてはいかがでしょうか。

投稿: uto | 2017年1月13日 (金) 13時31分

utoさん、ありがとうございます。
Defineを試しに使用して見ました。もう魔法のようなツールですね逆に匙加減が難しい。これから多用してしまいそうです。まだまだの感じがしますのでコンテストにはちょっと。もっともっとL画像を撮り増したい感じがします。
今まで切り詰めていた淡い部分を綺麗にできそうですね。

投稿: | 2017年1月13日 (金) 15時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/286946/69153720

この記事へのトラックバック一覧です: 今年初のミニ遠征に昨晩出かけました:

« 昨年末遠征⑤ | トップページ | 1月6日の2対象目M101 »