« 24日の遠征結果FSQの③ | トップページ | 撮影できない日が続いています »

2017年3月24日 (金)

遠征機材ネタ

晴れないし春霞の季節ですので機材整備などをしております。今回の目標はリモートデスクトップを構築することです。年々体力も衰え遠征がきつくなって来ましたので少しでも体力の温存と寒さ対策にと思い準備しました。それと遠征用のノートパソコンをB5メインにして従来のA4をサブにして将来的にはこれをタブレットにして軽量化も図りたいと思います。両方タブレットにしたいですがそこまでは贅沢かと。

とりあえずTeamviewerで繋がりました。最初はWANに繋がった状態でないと繋がらず悩みました。ルーターがWANに接続状態ならローカルLANに繋がる状態ではインターネットの無い遠征先では使え無いですものね。

B5ノートーーWRH-300YG3無線LANルーター(APモードで使用)ーーA4ノート

現在テストRUN中ですが無線LANは多少不安定ですしかし撮影中はモニターに使用するだけですので切れてもB5側のアプリさえハングしなければ再接続すれば問題無いです。記念画面。PhotoバックヤードNIKONとPHD2とスーパースター5を動かしています。

冬は寒さで凄く体力が消耗しますので必須システムになりそうです。

数世代前のB5ノートですので(WIN8.1/MEM-4MBには変えてます)次はCPUを換装(COR DUO1.66GからCOR2 DUO2.33Gに)したいと思います。これで数年延命できるでしょう。こうなると欲が出てA4ノート側をタブレットにしたいな、それも目が良くないので大盤のタブレットを。自分のシステムを監視しながら皆さんと星談義とか、話すぎて異常に気付かずロスタイムを出すことも無くなるでしょう。

追記:時々無線LANが切れる件は原因が判明しました。電子レンジが原因でした。現地で安定動作確認用に継続試験中です。まあ遠征先の山の上には電子レンジは無いでしょうが不具合が有れば5GHzに変えます。今の所軽快に動いてます。望遠鏡側のノートは時間で休止モードに落ちないようにしたり画面を閉じても休止に入らないようにしています。

|

« 24日の遠征結果FSQの③ | トップページ | 撮影できない日が続いています »

星を撮るための機材」カテゴリの記事

コメント

僕も自宅でTeamViewerで遠隔操作しています。遠征先でスティックPCで使ってみたいと思っています。
接続方法は、無線ルーターを持って行きLAN接続か、携帯のテザリング機能でインターネット経由かどちらかでと思っています。

投稿: のんた | 2017年4月15日 (土) 21時40分

のんたさん今晩は。
だんだん暖かくなりリモートの必要が無くなりますね。自宅観測所なら夏の外の暑さから逃れられますから良いですよね、蚊の攻撃からも。私もスティックPCは考えましたが機材のそばで操作したい時も有るのでB5ノートにしました(ノートが余っているので。子どもが携帯ばかりになり使用しなくなったので)。小型無線ルーターの中継器モードでローカル接続しています。Teamviewerを同じく使用していますが凄く接続が簡単で安定性が良いですね。結局タブレットSurfaceを買ってしまいました。
これで完璧なんですが天気が。

投稿: エムティ | 2017年4月15日 (土) 23時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/286946/70035722

この記事へのトラックバック一覧です: 遠征機材ネタ:

« 24日の遠征結果FSQの③ | トップページ | 撮影できない日が続いています »