« 撮影できない日が続いています | トップページ | 昨晩は今年初の平谷遠征でした。 »

2017年4月24日 (月)

4月22日夜の顛末

GPVとにらめっこしながら遠征しようか迷いましたが結局奥三河方面は薄雲になりそうなので旧自宅で長焦点にしました。風が7メートル以上と不適ですがテスト撮影はできるのではと出かけました。木星の撮影とCMOSカメラの直焦点をテストしました。

結果は色々なトラブルに会いました。まずはカラーホイルを回しながら撮影したはずなのですがRGB全滅でしたFirecapture2.5のモニター画面に出ていたのにLとIR-CUT分しか画像が有りません後は真っ黒データ。なぜ?とりあえず22:11:52~22:15:24の間のIR-CUT分を処理してみました。22上がエウロパで下がイオです。

一晩じゅう風が吹き荒れるはずだったのですがこの22時頃収まって多少シーイングが良くなってきました。

ここでUSB HWB用の電源バッテリーが切れてしまいました。トラブル回避のため給電付にしたのが仇となりました。Surface PRO4はUSB3ポートが一つですのでフィルターホイルとカメラを接続するためにはHUBが必要です。バッテリーが下手って来たようです。ACアダプターを持って来れば良かった、残念。

ここで木星撮影を諦めて遠征撮影用に仕立て上げたB5ノートに切り替えました(こちらはUSB2が4ポート)でもでもフィルターホイルのドライバーを入れて無かった(山への遠征はD810Aがメインの予定ですので)。これでCMOSカメラの長秒露光を試す予定でした。ここで大変な事が発覚、USB-RS232C変換ケーブルのドライバーが2台のPCに入ってない、おかげで自動導入ができない。

対象を結局眼視で簡単に導入できる明るいM57にしました。暗い銀河をファイダー導入では時間が掛かりすぎますので。

L画像のみですが。30秒露光100枚重ねてみました。M57一応こんな感じです。

でもいきなり長距離遠征でなくて良かった。はるばる遠征してこんな結果では泣いていたことでしょう。

追記:カラー画像のおかしい件、原因が判りました。Firecaptureのフィルターチェンジ後のインターバル不足でした。.SERファイルの頭を飛ばせばOKでした。22まだまだの画像ですね。どうもフル画素で撮影しているせいでFPSが上がらないようです。後、ゴミが取り切れてなかったりしています。動画でもフラットを使用して回避するのでしょうか。惑星撮影は難しい。

上のリング星雲はオートガイドせずに30秒露光100枚を使用してます。撮影画像を見ていると時々ミラーシフトによりコトリと動きます。100枚撮る間に1分くらいのズレがでます。いつもはオフアキシスガイドでこれを修正しながら撮影しています。これを考えるとオートガイドしなくてもCMOSカメラなら2000mmを撮影可能と言うことですね。

|

« 撮影できない日が続いています | トップページ | 昨晩は今年初の平谷遠征でした。 »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

撮影お疲れ様です。
ボクの方は、今月は、熱が長引いたのもあって、全然撮影できませんでした。4/4未明に彗星のワンポイント撮影に出ただけ・・。
この終末は、なんとか撮影に出たいと思ってますが・・

さて、惑星撮影時のゴミですが、基本的にフラットなんて面倒(かつ、F値が大きいので補正しきれないと思われる)なので、必ず、撮像前に清掃です。

M57、こんな出来・・とのことですが、いやー、国内でこれだけ写っている作品は数えるほどしか無いのではないでしょうか?
1枚あたり、30秒とのことですが、ルミコンレデューサを介して明るくなっていると思います。
思い切って、L画像で、4秒かそれ以下で撮ってみて下さい。1秒ないし2秒で厳しく選別していくと、とんでもないものができる筈・・

画像処理では、シャープ系処理をどうされているか判らないですが、USMだとしたら、半径が大きすぎです。この作画の半分くらいの大きさで、適用量を大きくした方が、より細かなディテールが出ると思います。

CMOSカメラは読み出しノイズが少ない(IMX174はちょっと大きいですが)のが特徴なので、1枚あたりの画像がほとんど写って無くても、積算するとちゃんと出てきます。

RGBは多少長めの方が良いと思いますが、L(あるいはHα)は、思い切って切り詰めてやってみてください。
凄いのが、撮れると思いますヨ!

直焦点F11で、小さな惑星状星雲なんてのも面白い気がします。

投稿: uto | 2017年4月27日 (木) 21時57分

utoさん、なにをおいても健康が一番ですから気をつけてくださいね。
写欲が湧く彗星で無いのでスルーしています。大きいのが来て欲しいですね。折角短焦点を用意しているのに残念です。
埃に関しては現地で組んでいるのでまずいようです、フィルターホイル等を組み上げた状態で持って出た方が良さそうですね。暗い中では埃に気づきにくい。
露光、長すぎますか。確かにモニター上に上記画像のぼけた画像がそのまま出てます。どうも考え違いをしているようですね。CCDの撮影方法をそのまま実行してたようです。これではラッキーイメージングにはなりませんね。星像を見るとシーイングの揺らぎがそのままですので星像肥大してますね。
シャープはCCDスタックのPositione Constraintで処理しています。Decoのやり方が良く判らないものですから。
凄いのが撮れると言われると挑戦したくなりますね。でも夏の天の川も待っているし悩ましいなー。
F11直焦点で撮るなんて気づきませんでした、数秒露光で済むなら行ける。そう言えば昔ベランダでDSI-PRO2で明るい惑星状星雲を自動ガイド無しルミコンレデューサ無しで撮影したことが有ります。その時惑星状星雲は明るくて案外写しやすいと思いました。
撮影の幅が広がってしまった、うーん悩ましい。

投稿: エムティ | 2017年4月28日 (金) 00時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/286946/70364948

この記事へのトラックバック一覧です: 4月22日夜の顛末:

« 撮影できない日が続いています | トップページ | 昨晩は今年初の平谷遠征でした。 »