« 5月18日の夜(M10) | トップページ | 昨晩、日曜の夜 »

2017年5月22日 (月)

5月19日のおまけ(M11)

同じようにCMOSカメラでたて座の散開星団を撮ってみました。M11
この辺り天の川の中ですからもっと微光星が写りそうなものですがこんな感じです。ここは星が肥大しても良いのでもっと露光をかけないと雰囲気でないです。撮影対象によって色々変えないとだめですね。
おまけのおまけM27
M27です4秒露光500枚。一部は明るいですがカメラGAINを40に上げたためノイズとの戦いになってしまいました。ディザガイドを掛けたいくらいです。オートガイドいらずと矛盾してしまいますが。CMOSカメラのノイズ対策は難しそうです。ノイズも画面全体に均一では無くフラット画像の逆なように周辺が明るくなります。やはり対象はGAINを上げなくてすむ凄く明るい対象でしょうか。いっその事長時間露光ディザガイドでなんて考えてたらそれでは冷却CCDと変わらないと言う結論にいたりました。
M27c
ちょっと色がへんですが埃侵入防止に付けていたLPS-P2 が付けたままでした。
笑っちゃうノイズ画像Dark_g40_10s
周辺がノイズで明るくなってます。冷却していないのでこれが受光素子の温度分布なんでしょうね。GAIN40の10秒露光。せいぜいGAIN10以下に抑えないとだめなようです。そうすると露光時間を延ばさなければとなってしまいます。なかなか悪シーイング回避の短時間露光は難しい。
参考:Photo
元画像です。4秒露光の1枚。
Photo_2
元画像からダークを引いた画像。
200
200枚コンポジットして強いレベル調整。
右下に流れるように見えるノイズ。特に星雲部で顕著なのはなぜ。
上の方で載せた画像で目立たないのはダークを引いた後ホットピクセル除去をかけているからです。

|

« 5月18日の夜(M10) | トップページ | 昨晩、日曜の夜 »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

CMOSカメラは、Sonyセンサだと恐らくカラムADCでオンチップでA/D変換まで行っている筈です。
したがって、実のところ、Gainはデジタルゲインに過ぎず、利得があがりません。
ADUから、1e-が1カウントになるようGainを上げるべき・・という意見もありますが、フォトンカウンティングするなら重要ですが・・・
といった感じです。

1枚画像で見えなくても、コンポジットするとちゃんと出てくるので、ゲインは上げる必要ないですよ。

もちろん、アナログゲインを上げることができるなら、ゲイン向上での意味は出てきます。が、、、まぁ、あとはSonyのデータシートちゃんと読まない判らないですが・・・

投稿: uto | 2017年5月25日 (木) 13時07分

書き忘れました。M27、流石に大口径だけあって、構造描写が素晴らしいと思います。
NarrowBand(と、いうかHα)まで絡めたら凄いことになると思います。

投稿: uto | 2017年5月25日 (木) 13時12分

utoさん、そうするとゲインを上げてもS/N比は変化無いと言うことでしょうか。固定ノイズを減らすためにはほぼ同一時間のダーク画像取得が必要と言うことですね(温度管理のできないカメラですから)。自宅で撮影したダークでは減算しすぎてしまいます。
ゲイン=アナログゲインだと思ってました。デジカメのISO感度に近い物かと。
感覚的に写って無いのは難しいですよ、とても不安になります。
構造描写は口径が大きくなれば大きくなるだけ良くなりますから。口径こそ正義です。ナローはさすがにガイドしないと無理です、それなら冷却CCDとなりますよ。一段の構造描写と美しさを求めるなら30ナノ幅のなんちゃってHαを加えるぐらいかな。

投稿: エムティ | 2017年5月25日 (木) 14時33分

ちょっと調べたら、IMX174,ちゃんとアナログゲインありました (^^ゞ
+24dBの様です。うーん、それでも、高速ラッキーイメージングか、NarrowBandとか、背景光がほぼカットされる状況でなければ、アナログでもゲインを上げるのは避けるべきだと思いますね。
ただ、海外の話だと、横縞ノイズが目立たなくなる、という意見もありますが・・・
単純にS/N悪化して1枚画像では埋もれているだけでは???と、個人的にはすごく懐疑的。


Hα、自分もテストしている段階ですが、全く逆です。読み出しノイズが低いので(IMX174はちょっと大きいですが・・)、逆にものすごく効果的です。M27なら、露光時間はLに比べて伸ばす必要はないと思います。

QHY5III178Cで遠征して撮影してきた画像も思いの外よく写っていそうなので、処理するのが楽しみです。

コンポジットして1枚画像で写ってない構造が出て来るとワクワクしますよ。

投稿: uto | 2017年5月25日 (木) 16時52分

ダーク引きすぎの件。
ひょっとしたら、MaxImDLでAuto-Optimizeで処理してあげれば、多少マシになるかも・・・?

うーん、それでダメだと、もう一工夫必要になりそうなので、単純ではないかもです。でも、テはありそうなので、また写真展の時にでも。

投稿: uto | 2017年5月25日 (木) 16時55分

IMX174のアナログゲインは存在するようで良かった。まったく対象の痕跡が無いと凄く不安なものですから。
ノイズを調べていますがある程度規則性の有るランダムノイズが存在するようです。ダークを引いた後コンポジットするとガイドズレ縞が残ります(ガイドして無いので赤道儀の動作ズレかミラーシフトですが)。これはデジカメのようにディザガイドしないと解決できないように思います。最良の結果を得るためにはディザガイドしながら短時間露光を多枚数が良いかな(CMOS特有な性質かな、冷却CMOSは別でしょうが)。
横縞ノイズ(バイアス風)は多枚数で解決するので問題無さそうですよね。
もう少しノイズの処理を確立しないとダメそうです。長時間露光ガイドに逃げたくなります。

投稿: | 2017年5月25日 (木) 19時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/286946/70640231

この記事へのトラックバック一覧です: 5月19日のおまけ(M11):

« 5月18日の夜(M10) | トップページ | 昨晩、日曜の夜 »