« 5/5の夜に実験撮影 | トップページ | 5月5日の夜は木星も撮影しています »

2017年5月 7日 (日)

M13のカラー化(短時間露光)

RGB各20秒露光の32枚を重ねてます。Lは2.1秒露光を400枚程重ねてます。M13
いつも思うのですが、この球状星団は青い若い星が多いように思います。
こんな長焦点が可能なら公共施設の大口径でも手軽に撮影できそうな気がします。オートガイドは考えなくてもいいので接眼部とカメラを入れ替えるだけですから簡単でしょう。

|

« 5/5の夜に実験撮影 | トップページ | 5月5日の夜は木星も撮影しています »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

球状星団の星が青いのは、若い星ではなく、水素を消費し、ヘリウム燃焼に入った星なのだそうです(と、昔、なにかの書籍で読んだ記憶あり)

それはそれとして、良く写ってますね。
彩度はもう少しあげても良さそうですが、星々の輝きが綺麗です。

確かに公共天文台の望遠鏡でも簡単に撮影できてしまいそうですよねー。
長焦点撮影も手軽にできる時代かな?

いや、でも、学生の頃、GA-4覗き、寒さと姿勢の辛さに耐えながら、必死にガイドしていた頃から考えると、隔世の感があります。

投稿: uto | 2017年5月 8日 (月) 17時38分

utoさん、どれだけ年寄りなの。まあGA-4は新しいかな。昔はセメンダインの糸とかを接眼部に張って苦行したものです。あの頃は長いのをガイドして失敗続きでした。天の川が見えていたので短焦点でどんどん狙えば良かった。
球状星団はどうしても古い星の集まりと言うことで残り火の赤い色を想像してしまいます。
こんな撮影方法が可能なら簡易駆動のドブの大口径ならと想像が膨らみます。
次はM57をカラー化してみました。

投稿: エムティ | 2017年5月 8日 (月) 18時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/286946/70497257

この記事へのトラックバック一覧です: M13のカラー化(短時間露光):

« 5/5の夜に実験撮影 | トップページ | 5月5日の夜は木星も撮影しています »