« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月29日 (木)

簡単なアイテム追加

星景用アイテムです。

毎回遠征時に星景用三脚を忘れます。赤道儀を2セットで一杯一杯ですので小型車の愛車には無理なのもあります。赤道儀の1台はポータブル赤道儀なのでX-Yステージを外せばいいのですが移動時緩むのを嫌いガチガチに固定していますので面倒なんですよ。そこでこんなアイテムを組んでみました。Photo右下の2つを使用します。これなら他の備品と一緒にしておけば忘れ無いですね。多少バランスが悪そうですが長時間ガイド撮影をする訳でも無いですからね。東西南北の水平少し上が狙えればいいのですから。

良く夕焼け空と月、薄明中の月金星、天の川、特徴的な星座等は遠征に行くと地上の景色とともに狙いたくなります。右上の固定状態なら美味しい前景を探して移動も楽でしょうし。今まで随分チャンスを逃していた気がします。センスが無いと考え諦めていたのでしょうが数撃てば当たる精神で行きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月11日 (日)

いそがしい1日

まずは奥さんを三重県御在所方面の乗馬場へ送りその足で三重、愛知、静岡と一気に走行して磐田図書館へ行きました。Dscn6417
かの有名な遠天写真展に行きました。
毎回凄く勉強になる写真展です。今回は星景の写真がやや優勢でした( 星景に負けない星野を目指している私としては気になる所です)。
会場には星景の達人安田さんや甲斐さんがおられ作品についてお話できました。星景に転向したくなる素晴らしい作品を見せていただき感動いたしました。自分でもたまに星景を撮影しようとする事はありますので1枚に掛ける苦労は並大抵では無いと想像できます。
さあ私もがんばるぞ。ちなみに中天の遥かなる星空ー5は来年3月6日~11日豊橋美術博物館です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年6月 8日 (木)

朝の一時に賭けた天の川中心

6月4日深夜は月が有る間流し撮りしていましたが画像処理しても作品にはなりませんでした。月齢9の月は手強かった。直接対物レンズを照らさないような方向の対象を選んだが空の青いバックグラウンドの迷光影響を防ぎきれませんでした。迷光対策が優秀なアポゾナーでもだめでした。この状態で撮影するには長焦点の望遠鏡ならそれなりになったでしょう。それはさておき月没後の画像を処理してみました。iso800/f2/2分露光/10枚Photo
撮影目標は天の川中心方向の暗黒星雲です。 肉眼では左側の銀河の明るい所しか見えませんが写真では左側をコントラスト良く表現すると複雑な暗黒星雲が現れて来て面白い領域です。規則が有るようで無いような不思議なガスの集まりです。見飽きないです。
撮影時間が南中すぎですので右下が豊橋方面のカブリが出ていました。透明度に助けられてなんとかなったようです。撮影時間1時間の為に往復4時間の遠征でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年6月 5日 (月)

昨晩、日曜の夜

あまりにも透明度が良さそうなので月没から薄明の短時間撮影に出かけました。1時間弱の撮影時間です。
pm2.5や春霞がどっかに行ったようで良い空で久ぶりの天の川を眺めて来ました。茶臼山の面の木ですので多少コントラストは落ちますが素晴らしい天の川が見られて良かったです。バンビとか天の川中心方向の星の集まりが肉眼でも見られ行って良かったです。
短時間と言うこともあり遠征するかしないか迷いましたが梅雨前にストレスを発散しとかなければポチ病にかかりそうで。機材はポータブル赤道儀とアポゾナー135mmのシンプル構成で短時間勝負に挑みました。取りあえずまだ未処理ですが1枚をレベル調整して簡易フラットをしてみました。まだトーンカーブもいじって無い生画像です。Photo_2
D810A/ISO800/F2/2分露光
短時間勝負ですからアポゾナーレンズを信じて絞らずに2分露光としました。下側は浜松方面のカブリが有るはずなんですが透明度に助けられ影響は少ないようです。
梅雨を乗り切るデータを少しでも取得できて良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »