« 昨晩、日曜の夜 | トップページ | いそがしい1日 »

2017年6月 8日 (木)

朝の一時に賭けた天の川中心

6月4日深夜は月が有る間流し撮りしていましたが画像処理しても作品にはなりませんでした。月齢9の月は手強かった。直接対物レンズを照らさないような方向の対象を選んだが空の青いバックグラウンドの迷光影響を防ぎきれませんでした。迷光対策が優秀なアポゾナーでもだめでした。この状態で撮影するには長焦点の望遠鏡ならそれなりになったでしょう。それはさておき月没後の画像を処理してみました。iso800/f2/2分露光/10枚Photo
撮影目標は天の川中心方向の暗黒星雲です。 肉眼では左側の銀河の明るい所しか見えませんが写真では左側をコントラスト良く表現すると複雑な暗黒星雲が現れて来て面白い領域です。規則が有るようで無いような不思議なガスの集まりです。見飽きないです。
撮影時間が南中すぎですので右下が豊橋方面のカブリが出ていました。透明度に助けられてなんとかなったようです。撮影時間1時間の為に往復4時間の遠征でした。

|

« 昨晩、日曜の夜 | トップページ | いそがしい1日 »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

まさに、『銀・河』という言葉どおりの写真で、いいですね。
こういうのを見ると、僕も撮りたくなりますが、広角気味はレンズを選ぶし、スケアリングも・・・なかなか難しいんだよなぁ・・。
アポぞなは流石の性能がありますねー。
中一だと星に髭は出るか、チョウチョだし、使うのチュウチョしちゃいます・・。

投稿: uto | 2017年6月 9日 (金) 17時03分

utoさん、まじかで見るエッジオン銀河ですよね、NGC891を見てるような。これ以上短焦点では星景風になってしまいますからこれくらいが星野としては丁度良いと思います。アポゾナーでも土星はチョウチョになりますよ。でも解放に耐えてくれるレンズで低光害地での撮影には向いてます。絞るとどうしても複雑なフラットの性格が出てしまいます。まあ非光害地なら問題にはならないレベルですけど。utoさん的には納得できないかもしれませんが作品全体として見れば輝く星の髭くらいは妥協しても良いかも。

投稿: エムティ | 2017年6月 9日 (金) 20時29分

さすがです!1時間にかけての遠征!同業者はおられ ましたか?s字からバンビに、無数の暗黒帯とうまい構図。。美味しいとこ取りですね。
露出時間は20分っですから後の40分は、まだ隠し玉があるのでしょうか(^-^)

投稿: ひろG | 2017年6月11日 (日) 07時46分

同じ病気の同業者は数名いましたよ。短時間勝負ですから余裕無くお話はしませんでした。
一番身近なエッジオン銀河ですからこの辺りが最も感じられる所ではないでしょうか。
合計20分といってもノイズ対策のディザガイドを1枚毎に実行してますので余分な時間が掛かってます。設定を3枚ごとくらいに変更すべきでした。おまけに飛行機が入った物は除いていますのでこれ一つだけです。ISO800ですので荒れ感は無いと思います。

投稿: エムティ | 2017年6月11日 (日) 20時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/286946/70797762

この記事へのトラックバック一覧です: 朝の一時に賭けた天の川中心:

« 昨晩、日曜の夜 | トップページ | いそがしい1日 »