« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月18日 (日)

串本にて天の川待ちの間

待ちの間冬銀河を撮っていようかと思ってオリオンをガイド撮影しようとしたのですがこの方向は丁度串本の町明かりの光害でカブリが有り諦めました。ガイドのキャリブレーションが決まらづロスタイムが有りもたもたしている間に南中を過ぎてしまいました。まあ久ぶりの撮影でガイドスピードがX32になってたからですが。今回の遠征では長いのでも200mmしか持って来てないので春の星の軌跡を撮ることにしました。Photo14mm/2分露光38枚/トータル76分を比較明しました。手前の海水は引いています。一応地上部の自動車のヘッドライトに照らされている物は消しました。残った明かりは街路灯の明かりです。道の駅ですから車の出入りが激しいです。

案外低空から星が出てます。

目ぼしい星は北斗七星、アルクトールス、しし座レグルス、からす座、おとめ座スピカ等です。しっかり固定したつもりですが少しズレたようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年2月16日 (金)

橋杭岩に架かる星の橋

上がって来たばかりの天の川が橋杭岩に架かる感じを想像して狙った景色です。2424㎜/ISO1600/60秒/4枚コンポジット

手前側に満ち潮が有り反射が面白く出ています。多少低空が透明度不足でした。ほぼ狙いどうりかな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

前の固定撮影とガイド撮影画像で悩む

薄明中でも10分くらいの差で随分色合いが変わります。今回掲載するのは前回より後で60秒ポータブル赤道儀でガイドした物です。60薄明が進んで天の川が貧弱だったのでニックコレクションでディテール強調を使用しました。どちらが好みでしょうか。迷いが出て薄明前の処理に入れない。

私としてはこちらが好みかな、でもあざとい感じもして。Photoあなたならどちら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年2月15日 (木)

寒い日が続きますね

2月の新月期です、寒さに震えて出撃しないのも情けないので13日某所へお出かけしました。2翌朝の月齢28の月。次のヒントは。Photo見事な朝焼けでした。シルエットで判るように行先は南紀串本橋杭岩です。さすが南紀暖かい、山と違って氷点下にはなりません。撮影目的は橋杭岩と天の川の撮影です。3月4月の方が撮影しやすいとは思いますが透明度が落ちてくる可能性も有り今回遠征してみました。まあ初の橋杭岩遠征ですのでうまく行きますでしょうか。Photo_2薄明中の天の川。14mm/F4/ISO1600/60秒

薄明前は低空すぎて透明度不足みたいです後程処理予定。満潮時は水の反射も有り面白い。右上の明るい星は木星で下のアンタレスと並ぶのは火星(赤い星の競演です)、天の川内は土星が見えてます。

この道の駅橋杭は道路に隣接していて引っ切り無しに通過する車や明るい街路灯で岩が照らされています。おまけに私の14‐24㎜広角出目金レンズではゴーストを防ぎきれません目的の対象が上がるまで星野で流す算段でしたがギブアップしました。次回は目的の時間まで他で撮影してから移動が良さそうでした。初撮影地ですからこんなもんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »