« 金曜の夜の高嶺山長者峰 | トップページ | 最近の工作 »

2018年4月24日 (火)

20日夜のFSQ+SE2赤道儀の顛末

去年11月以来の撮影になりましたが全くガイドが安定しませんでした。何回もパラメータを弄りながらキャリブレーションを実行しては繰り返したのですが安定しません。おかしな事にPHD2の星像表示が露光時間を変えてもピークが安定しなかった事です。時折風は有りましたがそう強く無かったです。で、撤収時にウエイトの固定が変なのに気づきました。ウエイトのガタ吸収用に入っているプラリングが有りませんでした。どうやら中途半端に固定されていたため、じわーと重りが移動していたのかもしれません。結局プラリングは見つかりませんでした。その状態で撮影したM16・M17.M18辺りです。ガイド不良が解決せず対象は適当に選びました。M16_m17_m18これくらいのサイズですとガイド不良が目立た無いですね。では等倍はと言うと。Photo多少経度方向に伸びています。早急に対策しなければ。

追記(おまけ):ガイド不良で精魂尽き果て注意力散漫でバッテリーが無いことに気づかず1枚しか撮れなかったM8です。

FSQ106ED/F3/ISO1600/3分露光1枚M8_m20もっと真剣に撮らなければと反省します。

|

« 金曜の夜の高嶺山長者峰 | トップページ | 最近の工作 »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

遠征お疲れ様でした。
いろいろとトラブルで大変そうですが、でもやっぱり暗い空で撮る星雲・星団は楽しそうでいいなーと思ってしまいます。

M8,M20、3分1枚でもきれいに写ってますね。

投稿: uto | 2018年5月 1日 (火) 10時36分

utoさん、星は暗い空に限ります。でも系外はじっくり腰を据えてが良いようです。当分の間遠征はお預けで子育てに専念してください。凄くラッキーイメージングの選別簡素化期待してますよ。
ガイド不良で適当撮影が祟ってます。季節の物ですから再トライしないと、優秀な光学系とカメラによって品質を問題にしなければそれなりに作品になりますね。でも品質を追求したい。

投稿: エムティ | 2018年5月 1日 (火) 16時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/286946/73363280

この記事へのトラックバック一覧です: 20日夜のFSQ+SE2赤道儀の顛末:

« 金曜の夜の高嶺山長者峰 | トップページ | 最近の工作 »