« 昨晩の曽爾高原 | トップページ | 曽爾高原の夜に追加 »

2018年4月19日 (木)

次は24mmによるパノラマ

前回の14mmでは画像湾曲が強く星が伸びたりしていました。24mmではカットする部分も少なくすみ比較的に像が歪まずに合成できました。

ISO6400/F4/1分露光を15度づつずらして11枚を合成しました。_a折角ポータブル赤道儀を使用しているのでF4に絞ってクオリティを上げようとしました。14㎜より良さそうですね。日本では天の川アーチが撮れる所は限られます。回りが開けていて強い光害源が無い所です。山の上海岸などに限られてしまいます。今回も高原で視界が広いから可能でした。ここでも沈む方の天の川は関西圏の光害で撮影は不可能です。

元画像が17000X6200の画像サイズです。大きく印刷してみたいです。

この時の撮影機材を一応上げときます。

まずはポータブル赤道儀のベースPhoto_3アイベルのCD-1です。次にパノラマ撮影のため水平面を出す必要が有り自由雲台を使用。Photo_4このパノラマ雲台の水準器使用(精度悪いです)。このパノラマ雲台部を15度づつ回転させます。次に仰角が必要ですのでもう一つ自由雲台を付けてます(専用品は高いので安く済ませてます)。Photo_5腰高ですが斜めには使用しませんからこれで十分です。対象が無限遠ですのでノーパララックスポイント(ノーダルポイント)は考慮しておりません、特に意識しなくても良いと考えました。こんな簡単な構造です。今回のように遊歩道を歩いたりする事を考慮して軽量にしないといけません。三脚と合わせて(カメラとレンズは除く)約7.2Kでした。スーツケースに入れることも考慮しないと。

|

« 昨晩の曽爾高原 | トップページ | 曽爾高原の夜に追加 »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

わーすごい!!
海外でしか撮れないかと思っていたアーチがしっかりして撮れてますね。
撮影機材も奇抜なアイデアで、さすがです。
写真的にもつなぎ目は、わからないし(失礼!)、サソリから南のクオリティは、本当に高いと思います。

投稿: ひろG | 2018年4月21日 (土) 13時46分

ひろGさん、ごほうもんありがとうございます。昨晩はご一緒できて楽しかったです。撮影は順調でしたか?
こういったアーチは国内でも簡単にとれますよ、ただ視界が開けていて光害が少ない所が国内に少ないだけです。歪曲収差が24mmで撮影すると少ないのでICEでもフォトショップでも繋がります。ようは個々で画像処理せず統合してから画像処理をすればつなぎ目なんて出ません(同一時間帯で同一条件で撮影した画像ですので)。この高原の良い方向が南です。御杖牧場も同じかな?まだ行ったことが無いですが。

投稿: エムティ | 2018年4月21日 (土) 16時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/286946/73334851

この記事へのトラックバック一覧です: 次は24mmによるパノラマ:

« 昨晩の曽爾高原 | トップページ | 曽爾高原の夜に追加 »