« 20日夜のFSQ+SE2赤道儀の顛末 | トップページ | シグマ50mmが星野に使えないか再検討 »

2018年5月 1日 (火)

最近の工作

前回の遠征でガイド不良になった原因と思われる部分を修理しました。Photoこの赤い矢印部。ウエイトの中心軸です。本来は上の黒いプラの部品が付いているのですが簡単に外れます、そのため前回撤収時紛失したようです。これが無いとウエイト軸にしっかり固定出来ません。販売店に頼めば手に入るとは思いますが、やりとりとか輸送代を考えると造った方が早いかなとサイズの合うプラパイプをホームセンタで見つけてきて加工しました。内径18mm外形21mmです。またズレて脱落しないよう固定しときました。まあ材料は10個以上作れるくらい残ってますからいいんですが。

次に工作したのが遠距離遠征用(飛行機+レンタカー)に少しでも軽量になるよう加工してみました。工作費用は零です。ジムで使用していた水入れが古くなったので流用。これで重り1個分(770グラム)軽くなります。Photo_2ウエイトの微調整ができるように正規重りと延長シャフトを持って行く予定です。遠距離遠征以外でも星景を撮影しようとすると案外展望の良い所まで機材を徒歩で運ぶ必要がありますから全体をそぎ落とさなければいけません。三脚も以前より1Kg減らしました。

でも最近のカメラレンズは重量級が多いですね。

追記:SE2赤道儀ガイド試験中のM13。対象が小さいので等倍で切り出し。25枚中11枚サルベージ。テストなので露光オーバーを修正しませんでした。Photo3分露光ですが中心部が潰れてます。2分露光ならガイド成功率も上がっていたでしょうがテスト目的ですので。

|

« 20日夜のFSQ+SE2赤道儀の顛末 | トップページ | シグマ50mmが星野に使えないか再検討 »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

工作、大事ですよねー。
自分の方も、このGW中にいろいろと加工しようと思っていたのですが、、、たぶん、子供が行きたがっているので、またもや実家に行くことになりそう、、(;´д`)トホホ…
せめておライオンのミラーだけでも洗っておこう・・

投稿: uto | 2018年5月 2日 (水) 10時24分

utoさん、子守りご苦労様です。
遠征できないutoさんに代わって遠征を頑張ります。工作は好きな方ですが目分量で適当に加工してしまいます。ウエイトも錆たままで恥ずかしい。機能さえ満足なら夜ですから見た目は2の次ですましてます。
他の用事をしながら創意工夫のアイデアを思うのも楽しいものですね。次は露光いくつでisoはいくつで焦点距離はとか遠征地はとか撮影の事をシュミレーションするのも面白いです(捕らぬ狸の皮算用とも言いますが)。

投稿: エムティ | 2018年5月 2日 (水) 16時20分

工作のアイデアを練っている時が、楽しいですね。私の場合は、せっかく作ったり、組み合わせたりしても使用しないことが多いです。機材の絞り込みをしないとダメですね。

投稿: ひろG | 2018年5月 3日 (木) 11時24分

ひろGさんの場合は物をもちすぎでアイデアが湧きすぎなんでしょう。
いつも現地でのシュミレーションをしながらアイデアを練ります。例えば、遠距離遠征の場合街灯等の光を避けて展望場所(撮影場所)まで移動するには重い機材を持って数100mくらい遊歩道を登らなければいけないことも多いです。では重量はどこまで軽量にできるかと考えたりします。場合によっては市販品で適当な物が無ければ工作することになります。成功すればニンマリです。

投稿: エムティ | 2018年5月 3日 (木) 14時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/286946/73406054

この記事へのトラックバック一覧です: 最近の工作:

« 20日夜のFSQ+SE2赤道儀の顛末 | トップページ | シグマ50mmが星野に使えないか再検討 »