« ISO6400のオンネトー湖を処理してみた | トップページ

2018年6月 8日 (金)

昨日、星景写真展「星の風景」に行ってきました。

全紙パネル59枚で中天からも3名が参加していることで勉強の為に行ってきました。

最近は自身も星景を撮り始めたので諸先輩方の作品からノウハウを吸収しようと目論見ました。

撮影に対する気構えが違いすぎます。自分のイメージを固めて撮影すると言うか偶然こんなのが撮れましたと言う感じはまったく有りません。すべて狙って撮ってます。何回も現地に通うからこそ感動作品が撮影できるのでしょう。

自身の作品と比較して思ったことは地上の景色と星の比率と言うか重視度は地上60で星40かな。50/50も有りましたが星が50を超えることは有りません。私は星野から入っているのでなかなかこれが難しくて20/80と星がメインになってしまいます。地上は添え物感覚が抜けてません。気持ちの切り替えは難しい。星は輝かせたいし。

パノラマ写真も写真として考えると鑑賞写真として展示するのは不向きです。全紙サイズでも上下が無い帯状写真になりますので、そう考えると高度方向を考慮した魚眼レンズ風な作品にするかトリミング前提の中央付近だけを良いとこ取りするための元画像を作る気持ちでとか工夫が必要です(高精細を求めてモザイク撮影する感覚でしょうか)。

取りあえず前回無理して木星まで入れたパノラマ写真を全紙の縦横比で処理してみました。6400木星はカットでサソリの頭まで、左は白鳥まで入れない、山はシルエットで沈めないようにして星は控えめで処理。多分画角的には14mm見当かな。もう少し裾野部分も出しても良いのかな。

いくら高精細にしても星景的には意味が無い。その感動を覚えた景色をいかに表現するかに重点を置かなければだめなようです。今回一番感動したのがさざ波に反射する星の光の強いこと尋常では無かったです。光害が無いからでしょうね。

ちょっと展示で気になったのが印刷する時にアンダー側が潰れてしまった作品が散見されたことです。

|

« ISO6400のオンネトー湖を処理してみた | トップページ

「趣味」カテゴリの記事

コメント

MTさん、半田空の科学館で開催中の「星の風景」展を観て頂けたのですね。
ありがとうございます。
星景写真も撮影されているだけあり、じつに的確なご感想だと思いました。

協会の出展者は正会員3枚枠、準会員は1枚枠でした。それぞれ複数の応募から選出された作品です。
おっしゃるとおりイメージを持って撮影されたものがほとんどで、空と景色の比率も「星のある風景」そのもので、ワンカットのネイチャーです。
プリントはクリスタル指定でそれぞれご本人が発注プリントしました。アドバイスも差し上げて何回も再プリントされるなど苦労された方もいました。

MTさんのようにしっかりご覧いただける方もいますので、身が引き締まる思いです。

投稿: 月の狩人 | 2018年6月10日 (日) 15時27分

月の狩人さん、「星のある風景」が良く実感できました。ネイチャーフォトですからその現場の感動がだいじですね。つい星の主張を優先してしまいます。上記の写真も右の山を捨てて画角外にあるギラギラした木星、アンタレス、土星、火星の写り込みを撮った方が良かったようです。山と天の川に固守しすぎました(湖面7で星3でも)。後悔先に立たずですね。
やはりクリスタルプリントのラボ印刷ですね室堂の雪の壁の作品は低輝度部が消えすぎに思い勿体ないと感じました。
素晴らしい作品を拝見させていただきありがとうございます。ネットや雑誌と違う作品の本質が理解しやすいですね。

投稿: エムティ | 2018年6月10日 (日) 20時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/286946/73645518

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日、星景写真展「星の風景」に行ってきました。:

« ISO6400のオンネトー湖を処理してみた | トップページ