2017年11月23日 (木)

冬の定番を50mmで

多少は明るい所なので処理しやすいと思ったのですが難しかった。フィルム時代は50mmでの撮影なんて普通だったのにデジタルの方が難しいです。明るい所暗い所と欲張るせいかな。Photoもう50mmはこりごりです。50mmは星景専用にしよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

20日、南伊勢遠征

GPV天気予報と睨めっこして20時には冬型の透明度の良い空が来そうと判断して南伊勢へ遠征しました。車を変えてから車線維持、車間距離、速度維持が楽になりましたので高速を走りながら沈みゆく細い月を眺める余裕もできました。ひたすら伊勢方面へ南下すること2時間19時に現地着。まだ晴れていません、しかし晴れを信じ準備しました。でもなんか暖かいし風が無い、こんなはずはと気落ちしましたが待つ以外は有りません。ようやく22時頃晴れ上がって来てくれました。久しぶりに見る秋の天の川です、まあ撮影に失敗しても眺められただけ良しと心の中で思いながら撮影開始です。今回は透明度を期待して50mmのカメラレンズでお手軽撮影です。されど50mmって凄く難しい、一応F1.4をF2.8へ絞って撮影しましたが周辺の星像は望遠鏡のようには行きません。まず最初はこの部分です。50_m45秋の定番部分です。プレアデス、ヒアデス、カリフォルニア、勾玉と欲張り構図です。ISO1600/2分露光40枚/シグマART50mm/D810A/F2.8星像の酷い両端はトリミング。

欲張って分子雲を出そうとすると画像が破城します。この辺りが限界でした。2枚目はもう少し明るい対象にしました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年11月18日 (土)

昨日はアッシー君で蓼科へ

妻の趣味である乗馬のお供で蓼科へ行ってきました。例によって乗馬中に撮影地探索しました。夜晴れれば撮影しようかと皮算用しましたが曇るようで断念。後日の為、記録のみ。場所は蓼科山登山口で約1800mです。_この登山者用駐車場です。南東方向。太陽の位置が南中1時間半過ぎです。24mmで撮影しています。このまま夜になってくれたら良いのにと思う素晴らしい天気です。南方向の低空が木立ちで遮られますがまあまあです。トイレはこの少し先に有りますが11月から4月まで凍結防止で閉められていました。__2西方向。これだけ広い駐車場ですから夏は登山者が多いのでしょうね。__3北方向。気軽に行ける1800mの所で良さそうです。霜柱がまだ溶けずに残ってましたからもう少ししたら行けなくなります。スキー場も近くですから冬の撮影は無理です。__途中の展望広場にて。槍ヶ岳、奥穂方面。__4鹿島槍方面。Photo女神湖から蓼科山を見ています。夜にならないと街灯とかホテルの明かりの見当が付きませんがスキーシーズンが終了後に天の川と、なんて想像しました。自宅から3時間の距離ですから遠征地としては遠いかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月29日 (日)

画像処理の限界です

悪戦苦闘しましたがこれ以上無理なようです。Photoあら隠しで控えめ処理です。もっともっとS/Nの良い画像を手に入れなければ。それぞれF2で2分露光40枚と37枚でとても少ないようです。透明度の良い夜にF2.8で60枚目標を目指します。(心の声:3分X60X2=360分ーー5時間コースはきついな。50mmですますか。めったに透明度が良い時は来ないし来年回しか。)

追記:画像差し替え、前回は風でガイド乱れの画像を混ぜましたが多少選んで再処理。M45側2分20枚Mel25側2分32枚。たいして変わりません。

遊んでみました。Photo_2ここまで強調するとフラットが完全に決まって無いので色が不自然です。もっと低光害地ならまともになるかも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年10月28日 (土)

25日の夜の結果(暫定)

一応こんなのを撮影したかった。2面をモザイクしていますが綺麗にカブリが取れて無く暫定です。撮影時間がそれぞれ掛かってますので同一処理しても空の環境も変化してきますのでモザイクするにはテクニックが必要です。画像処理の腕が無いので投げ出してしまうかもしれません。一応対象が雲ですので星は飛ばす方向で処理します。Photoこの辺りの雲の雰囲気は判っていただけると思います。もし光害地で無ければ50mmで一気に撮りたい所ですね。それならカリフォルニア星雲も入れられるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月27日 (金)

25日の遠征(IN面の木)1

今日もだめだろうとGPVをチェックして無かった所、ひろGさんからお誘いのTELが有り行ってきました。場所は茶臼面の木です。途中の道路はまだ湿って水たまりが有るし途中霧には合うは不安一杯でした、おまけに茶臼山道路に登ろうとしたら先に着いたひろGさんから現地霧の中と報告が有り半分諦めていました。現地に到着したら多くの車が、皆さん晴れを待ちわびていたのでしょう。空はと言うと星が見えてきていました。今回の装備は強い風を想定してポータブル赤道儀で短焦点としました。短焦点と言っても軽い光害地ですから135mmを選択、時々車が揺れるような風も吹きましたがだいたいは星が点になりました。撮影対象はこの部分。Mel25F2レンズを絞らずに撮影。目的がバックの分子雲なので良いかなと思ったのですが周辺の星に蝶々が出てしまいました。135mm/D810A/ISO1600/2分露光X40枚/CD1ポータブル赤道儀

本当に淡いガスは難しい。光害でフラットが合いずらいし強調すればレンズテストを掛けているようで。どこまで強調して良い物か判断に苦しみます。ですから低光害地の北海道で撮影してみたかった。Carl Zeiss Apo Sonnar 2/135だから多少の光害地でも挑戦してみました。迷光の少ないこのレンズでも凄く強調するとレンズの癖らしき物が出てきます。次回は透明度のもっと上がった夜に多少絞ってでしょうか。この北側も撮影していますのでモザイクしようと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年10月23日 (月)

高鷲スノーパークでの画像、おまけ

坊主逃れで撮影した薔薇星雲です。M31だけでは心もとなかったので。Photo多少トリミング。

この高鷲ですとこの地上高度では多少低空カブリが有りました。

問題点も一個発見、撮影PCが途中で落ちてしまいました。急遽、車内でモニターPCに使っているバッテリーと交換しました。原因は赤道儀やPC電源に使用していたバッテリーの電圧降下のためでした。十分電力は供給可能なんですがDELLのDCアダプターが低電圧を検知すると給電を止めてしまうためでした。こんなにシビアーなのは知らなかったです。次は別電源を用意したいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年10月20日 (金)

高鷲スノーパークでの画像2

低光害の北海道で撮影したかった領域を撮影してみました。Photoこんな星が生まれる所です。本当はIC359に絡めて135mmで撮りたかったのです。なかなか東海地区では135mmが活躍する空が来てくれません。短焦点になればなるほど光害の影響は大きくなりフラットが合いにくくなります。今回もフード先に直接光が差しますのでフラットが完璧と言うわけにはいきませんでした。

B22/IC2087とB18おうし座分子雲です。

FSQ106ED/F3/D810A/ISO1600/3分露光45枚

45枚でも足らないので荒れが目立ちましたがDfine2で多少お化粧しました。湿気のため透明度が多少落ちたのですがなんとか写りました。この秋雨時に奇跡の一夜でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月19日 (木)

高鷲スノーパークでの画像1

途中で曇られて坊主になるのがいやで明るい対象をと思い、空の状態からM31を撮影してみました。FSQ106ED/F3/D810A/ISO1600/3分露光30枚M31_3銀河の上下に噴出している淡い部分が出ていますから空は割合良かったようです。M31_2この場所は淡い分子雲に挑戦できる空のようです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年10月18日 (水)

新車と新遠征先にゲリラ遠征

ここの所晴れる日が無くストレスが溜まりまくりでしたがGPV天気予報とにらめっこしたところ九頭竜湖と御母衣ダムの間が朝まで晴れそうな感じでしたので中間の御鷹スノーパークへ遠征しました。まだ全然画像処理はしておりませんが新しい場所なので感想など。

諸般の事情により暗くなってからの到着となり途中で道を間違えるは駐車場への道路がスキーシーズンに向け補修中であちこち補装を剥がして修理中だったり不安が一杯でした。到着した広い駐車場のどこに止めて良いのやら取りあえず適当に止めて撮影しました。以外と東側は数キロ先のひるがの高原の明かりやひるがのSAの明かりで明るいです(ヘッドライト無くても駐車場普通に歩けます。目隠しの木でも有れば良いのですが)。南はここまで濃尾平野の明かりが届いてます。と言うことで撮影は天頂付近(地上高45度以上)から西方向が光害が避けられます。撮りこぼした対象を狙うのも良いかも。

到着時は北と南に雲が有りGPV天気予報どうりでした。最初は透明度も有り良さそうでしたが深夜ごろは湿った感じで透明度が下がってしまいました。まあこれはしょうが無いですね、晴れて天の川が見れただけでも良しとします。

折角寒さ対策で電気掛毛布を用意したのに寒くなりませんでした。暖かい湿った大気のせいで晴れないのですが早く気候が変わってほしい。

新車の方はすこぶる快調で行き帰りオートクルーズコントロールや車線維持補助を多用しました。もう自動運転の時代がすぐ来そうですね。楽でいいわ。でも都市高ではこの機能は使わない方が良いようです(急な割込みなんかあって怖い)。前車との車間距離検知しながらのオートクルーズコントロールですのでおとなしい運転になりました。

坊主逃れの対象も撮影しましたので天気の悪い間の遊びの材料ができました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧